請求代行サービス

当組合の取り組み

専門担当者による無料相談

健康保険の他、労災、交通事故等の請求に関する実務上の質問につきましては、専門担当者がお答えいたします。
内容によっては担当省庁への照会を行うなど、責任をもった回答を心がけております。

明細書の送付

毎月の送金額に対しては、誰の、何月の施術分かが分かるよう明細書を発行いたします。
未入金分に関しては、当会より保険者に働きかけるようにしております。

返戻の対策

提出された申請書の事前点検や、会員に対する傾向通知等を行い、返戻を未然に防ぐ取り組みをしております。
不合理な返戻に対しては、保険者への直接確認や、意見書提出などの対応をしております。

選べる入金方法

提出日や入金日は、休日等の関係で、若干前後します。
手数料には、別途消費税がかかります。
全体の費用については、「入会案内」よりご確認ください。

対応可能レセコン

ほとんどの会社のレセコンで対応可能です。すでにお使いのソフトがございましたら、事前にご相談くださいますようお願いします。これから開業される方に対しては、当組合からのご紹介もしております。

整骨院振興協同組合の請求代行サービスについて

柔道整復師の方が個人で開業し、請求団体に入会しない場合は、個々の整骨院・接骨院にて保険請求を行う為、「個人請求」という扱いになります。
請求団体に入会して請求代行サービスを利用する場合は、請求団体を通して保険請求を行う為、「請求代行」という扱いになります。
このページでは、「個人請求」と「請求代行」の違いと、整骨院振興協同組合が提供する請求代行サービスについてご案内いたします。

個人請求と請求代行の違い

個人請求

柔道整復施術療養費の支払いについては、10割分を窓口で支払い、後日、被保険者自身が保険者に請求をすることで、保険者負担分(一部負担金を除く額。7割等。)を受領することが原則となっています。
しかし一般的には受領委任制度を利用しますので、柔道整復施術療養費支給申請書(いわゆるレセプト用紙)に患者さんが署名をし、柔道整復師が受領の委任を受けることになります。
これにより、保険者等は、整骨院・接骨院が指定する口座に療養費の振り込みを行うことになります。

請求代行

個人請求同様、まずは患者さんの署名により、柔道整復師が受領の委任を受けます。
請求代行の場合は、さらに柔道整復師が請求団体に受領を委任します。これにより、保険者等は、請求団体が指定する口座に振り込みを行うことになります。

請求代行のメリット

個人請求の場合、請求業務や入金管理業務をすべて整骨院・接骨院で行う必要があります。請求代行の場合はそのほとんどを請求団体が行います。
柔道整復師としての施術業務に専念ができるという点が、入会の大きなメリットと言えるでしょう。

個人請求の場合の主な業務
  • レセプト用紙の印刷
  • 保険者ごとの総括票や明細書の発行とレセプト用紙の仕分け
  • 各保険者へのレセプト提出
  • 保険者からの支払通知書の管理
  • レセプト返戻への対応
  • 請求した分が入金されているかどうかの確認
  • 未入金に対する保険者への支払いの督促
請求代行の場合の主な業務
  • レセプト用紙の印刷
  • 請求団体へのレセプト一括提出(細かい仕分けは不要)
  • レセプト返戻への対応(当組合でサポートします)
レセプトの仕分けや入金管理、保険者対応は請求団体が行います。

選べる入金システム

入会後、保険請求を開始してから、保険者から安定した入金がされるようになるまでには、4~5カ月ほどかかります。これから開業する方にとっては、未入金の期間が続くことは不安なことと思います。
整骨院振興協同組合では、立替払い(早期入金)制度を導入しておりますので、請求から20日後には、請求額から計算した金額を先にお支払いすることが可能です。
また、経営が安定するようになりましたら、手数料が低くなるという点がメリットである「入金後払い」への移行をお勧めしております。もちろん、最初から「入金後払い」とすることも可能です。

立替払い(早期入金)

会員から提出されたレセプト請求額に対して、保険者からの入金を待たずに、整骨院・接骨院の指定する口座へ入金を行う制度です。
整骨院振興協同組合では、毎月5日締めで提出していただいたレセプト請求額を集計し、当月25日にお支払いをいたします。

入金後払い

保険者から請求団体に入金された療養費を集計してから、整骨院・接骨院の指定する口座へ入金を行う制度です。
整骨院振興協同組合では、月末締め、翌月10日払いとしております。
(例:8月1日~8月31日分を集計し、9月10日にお支払いします。)

実際のお支払いは、月会費、手数料を控除した金額となります。
提出日や支払日等は、日曜・祝日の関係で前後することがあります。
整骨院振興協同組合とは

当組合では、整骨院・接骨院の皆様の為のセミナーを開催している他、柔道整復施術療養費の請求代行などを行っています。
また、医療オリンピックC-1の開催や、中学生の職場体験の推進など業界の発展と質の向上に取り組んでいます。

組合概要へ
医療オリンピックc-1入会案内会員専用保険情報会員一覧中学生の職場体験 全国柔道整復師連合会